海外医薬品の個人輸入とは?

個人輸入とは、個人での使用を目的として海外から輸入をする事を指します。
海外旅行で自分用にお土産を買って帰国する場合も個人輸入となります。
医薬品の個人輸入も譲渡や販売目的でなければ違法ではありません。
しかし、手軽だからと注意点を把握しないで利用をしてしまうとトラブルが起こる可能性があります。
そうならない為にもこちらで海外医薬品の個人輸入、及び個人輸入代行サイトについて詳しく解説します。

海外医薬品の個人輸入は現地と直接やり取りをして注文する一般的に海外製品などを購入する場合は企業が代理店などを通し、日本国内に取り寄せた物を購入します。
それに対して個人輸入は直接、海外の現地販売業者とやり取りをして注文・購入をします。
本来であれば自身で海外医薬品を購入して個人輸入する場合には、販売業者を探し現地の言語で取引きをして購入をする必要があります。
医薬品の場合は注意点も多くあるので、対象の海外医薬品の効果、副作用、服用方法などを理解する言語力などが必須になります。
配送にて申し込むにしても届かない、遅れているなどのトラブルも多い為、一般の方が正しく最後まで取引を完了させるのは大変高いハードルとなります。
そこで当サイトのような個人輸入を代行するサービスを通す事でスムーズに個人輸入を行う事ができるのです。


併せて理解しておく必要がある点として、輸入する数量が規定内であれば個人の使用目的に限り、税関チェックのみで輸入する事ができます。
本来は医薬品・医薬部外品等の医薬品を個人輸入する場合は、薬機法により厚生労働大臣の承認許可等が必要です。
一般の個人での輸入としても営業などの目的では無いという証明を受ける必要があります。
上記を踏まえ、購入の際は個人で使う量のみとして面倒だからと大量のまとめ買いなどをしないようにご注意下さい。

尚、個人の使用目的とあるように、第三者へ売る、譲渡する事は禁じられています。
これは家族や身近な方へも該当するので、本人以外の使用は例外なく認められていません。

前述の注意点をよく理解の上で海外医薬品をお求めの方は個人輸入代行業者に依頼する、もしくは個人的に購入して国内へ輸入する事ができます。

輸入ができない物は?サプリメントは?

薬機法ではドリンク剤・養毛剤などのサプリメントは医薬部外品となる場合もありますが、個人輸入に関しては医薬品に該当する場合もありますので、医薬品同様に注意点を守る必要があります。
海外ではサプリメントと呼ばれていても日本国内へに輸入が禁止されている製品もあります。
また、当然ながら指定薬物・覚醒剤および覚醒剤原料・大麻・麻薬、向精神薬などは禁止されています。
その他、ワシントン条約づき輸入が出来ない医薬品や医薬品原料等もあります。
詳細は医薬品等の個人輸入についてご確認下さい。
当サイトではこのような禁止されている製品の取扱いは一切行いません。
日本国の法の改定に合わせ、禁止対象製品などが変更となった場合は速やかに法令順守して運営します。

海外医薬品の個人輸入に対する制限

前述した、税関チェックのみで個人輸入が認められた数量の制限とはどの程度なのかをご案内します。

薬機法により定められた個人輸入の制限

  • 国内にて処方が必要な要指示薬  → 1ヶ月以内
  • ジェネリック医薬品含む海外医薬品 → 2ヶ月以内
  • ビタミン剤などのサプリメント全般  → 4ヶ月以内
【参考】数量が2ヶ月分とした場合
1日2回、3錠服用のお薬
(2回×3錠)×30(日数)×2(月)=360錠 こちらが2ヶ月分なります。

決められた数量であれば個人輸入代行を使い海外医薬品を輸入する事は出来ますが、注文の際に法人名などの個人名以外での注文や偽名などで手続きをすると税関で止められる可能性もあります。
確実な配送の為に、正しく個人名で注文をして下さい。
その他のルールも理解し個人輸入を利用すれば、安全かつ健全に医薬品を使う事が出来ます。

海外医薬品の個人輸入の注意点

海外医薬品の個人輸入の注意点 海外医薬品が必要で、個人で輸入したい場合は、インターネットを使い個人輸入代行サイトを利用する方法が便利な方法と言えます。
しかし、便利でニーズがある為、悪質な業者などが正規品でない偽物の医薬品を送りつけたり、入金したのに商品が全く届かない、連絡も途切れたなど悪質なサイトが存在します。
そんなトラブルに合わないよう、正しく運営されている安心で安全な個人輸入代行サイトを見分ける為のポイントもお伝えしますので、これから注文をしようとご検討中の方はご確認下さい。


海外医薬品の偽物は要注意!

悪質なサイトで一番の問題とされるのが正規品そっくりな偽物を販売する業者です。
実店舗と異なり顔の見えにくいネット上のサイトでは、医薬品に限らず偽物を本物と騙し販売しようとするサイトが多数存在しています。
現代では精巧なコピー品も増え、正規品と見分けが難しく、本物なのか偽物なのか判断できない状況といえます。

対策方法として、まず特定商取引法の表記があるか確認してみましょう。
詐欺サイトの多くは騙した後の責任の所在をわからなくする為に運営者の情報、連絡先などが記載されている特定商取引法の表記をしない場合があります。
また、医薬品の鑑定証などがあるかも確認しましょう。
正しく運営していなければ表示する事ができない情報がしっかりとあるかを確認し、不審な点が無いか見極めて被害に合わないようにしましょう。

品質・安全性の基準は?

海外医薬品の品質や安全性の基準は日本と海外ではそれぞれの国ごとに異なります。
一般的には日本の高い品質基準と比べて、低い基準なのではと懸念されるかもしれません。
もちろん偽物を作っている製造工場であれば粗悪な環境で製造している可能性が高く、医薬品に身体へ有害な物質が混入していることなども考えられます。
しかし、海外医薬品の製薬会社は日本企業と比較しても同等、もしくはそれ以上に品質・安全性が高い大手の製薬会社もあります。
海外医薬品を購入する際は対象製品の製造・販売会社なども調べて見る事もオススメと言えます。

副作用は大丈夫?

海外医薬品を服用する事により、強く副作用がでるというケースもあります。
副作用が出たことにより、「ネットで購入したから偽物だったのでは?」と考える方もいます。

もちろん、粗悪なコピー品などを扱った販売業者だった場合の健康被害という可能性はあります。
しかし、正しい正規品を扱う個人輸入代行だった場合は、過剰摂取してしまったなど誤った服用方法や併用禁忌薬の確認を怠ってしまうと、予期せぬ副作用がでてしまう事も考えられます。 一例としてバイアグラのED治療薬は血管に作用する為、併用禁忌薬の注意が特に必要です。
このように、全ての医薬品には服用方法を誤ってしまうと重大な健康被害に至る可能性がある事を認識して、よく注意をする必要があります。
不安な場合は服用する前に一度、病院や専門クリニックで医師から処方してもらい、ゆっくりと服用方法を確認してからの利用をオススメします。
しっかりと服用方法、注意点を把握したら、同じお薬を便利で低価格な個人輸入代行サイトにて医薬品を個人輸入すると安心です。