アスプリト

  • アスプリト
メーカー:Intas Pharmaceuticals 発送国:インド・シンガポール・香港
アスプリトの特徴
アスプリトは、日本の大塚製薬が開発したエビリファイのジェネリック医薬品です。有効成分アリピプラゾールがドパミン系神経に働きかけて、不安感、興奮、緊張感、意欲の低下、自閉等を抑え気持ちを穏やかにする効果があります。また、小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性にも使用される医薬品です。
  • 初回購入で1000ptプレゼント

初回購入で1000ptプレゼント

販売価格

アスプリト 15mg
個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入
15mg
100錠
5,500円
4,950
1錠あたり
(49円)
148pt
カゴに入れる
獲得pt:148pt
15mg
200錠
11,000円
9,400
1錠あたり
(47円)
282pt
カゴに入れる
獲得pt:282pt
15mg
300錠
16,500円
13,360
1錠あたり
(44円)
400pt
カゴに入れる
獲得pt:400pt
メーカー:Intas Pharmaceuticals 発送国:インド・シンガポール・香港
アスプリトの特徴
アスプリトは、日本の大塚製薬が開発したエビリファイのジェネリック医薬品です。有効成分アリピプラゾールがドパミン系神経に働きかけて、不安感、興奮、緊張感、意欲の低下、自閉等を抑え気持ちを穏やかにする効果があります。また、小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性にも使用される医薬品です。

商品詳細

アスプリトは、インドの大手製薬会社であるインタスファーマ社(Intas Pharmaceuticals)が製造、販売しているエビリファイのジェネリック医薬品です。第3世代の抗精神病薬のドパミン・システムスタビライザー(DSS)と呼ばれています。統合失調症は、神経の異常によって引き起こされると言われており、脳内におけるドパミンの放出量を正常に調整することでドパミン系神経を安定させます。陽陽性症状(幻覚、妄想、興奮等)や陰性症状(意欲の低下、自閉等)の両方を改善する効果があります。その他に、双極性障害における躁うつ病、うつ病(既存治療で十分な効果が認められない場合のみ)、小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性(いしげきせい)にも改善の効果があります。従来の抗精神病薬と比べて副作用が比較的少ないので安心して服用できます。

参考サイトについて

公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。
医療医薬品:アリピプラゾール

使用方法

アスプリトを服用する際は、症状によって服用方法が異なります。ご自身の症状に合わせ服用するようにして下さい。

・統合失調症
1日1回から2回に分けて、6mgから12mgより服用を推奨しています。効果が感じられない場合、1日6mgから24mgの増量が可能です。但し、1日の最大摂取用量は30mgです。

・双極性障害における躁症状
1日1回、12mgから24mgより服用を開始して下さい。症状に改善が感じられない場合は増量が可能です。但し、1日の最大摂取用量は30mgです。
※うつ病に対しては、適切な治療を行っても、十分な効果が得られない場合に限り本剤と併用して服用して下さい。

・うつ病、うつ状態
1日1回、3mgを服用を開始して下さい。症状に改善が感じられない場合は、1日3mgまで増量が可能です。但し、1日の最大摂取用量は15mgです。
※うつ症状がある場合、希死念慮によって自殺企図を起こす恐れがある為、服用の際は十分にご注意下さい。症状が悪化する傾向がある場合は、服用量を増やすことはせず、徐々に減量して中止して下さい。

・小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性
1日1回、1日1mgより服用を開始して下さい。症状に改善が感じられない場合は1日3mgまで増量が可能です。但し、1日の最大摂取用量は15mgです。
※原則として6歳以上18歳未満に限る。

本剤を服用する際は、たっぷりの水または、ぬるま湯と遺一緒に服用して下さい。飲み忘れた場合は、気づいた時点で速やかに服用して下さい。次の服用時間が近い場合は次回分より服用し、2回分以上を同時に服用することはお辞め下さい。急に服用を中止した場合、不安、焦燥、興奮、めまい、頭痛等の症状が現れる恐れがございます。急激な減薬、突然の中止を避けて徐々に減量して下さい。

効果・副作用

アスプリトに含まれる有効成分アリピプラゾールがドパミン系神経に働きかけて安定化させることで、不安感、興奮、緊張感等を抑えて、気持ちを穏やかにする効果が期待できます。

主な副作用として、不眠、神経過敏、傾眠、めまい、頭痛、振戦、アカシジア、体重増加等が報告されております。また、重大な症状として、悪性症候群、遅発性ジスキネジア、麻痺性イレウス、アナフィラキシー、横紋筋融解症、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、低血糖、痙攣、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症、肝機能障害が報告されております。身体に異変が現れた際は直ちに服用を中止して、かかりつけ医師を受診して下さい。
  • 使用上の注意点

    アスプリトを服用する際は、高所作業、自動車の運転等の危険を伴う機械の操作はお控え下さい。以下に該当する方は服用できません。
    ・昏睡状態の方
    ・アドレナリンを服用中の方
    ・バルビツール酸誘導体、麻酔剤等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある方
    ・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方

    また、以下に該当する方も注意が必要です。服用前に必ずかかりつけ医師、薬剤師にご相談下さい。
    ・糖尿病または、その既往歴のある方
    ・糖尿病の家族歴、高血糖、肥満等の糖尿病の危険因子を有する方
    ・心疾患、血管疾患、低血圧または、これらの疑いのある方
    ・てんかん等の痙攣性疾患または、これらの既往歴のある方
    ・自殺念慮、自殺企図の既往のある方、自殺念慮のある方
    ・不動状態、長期臥床、肥満、脱水状態等の方
    ・衝動性が高い併存障害のある方
    ・脳の器質的障害のある方
    ・肝機能障害の方
    ・妊娠中または、妊娠している可能性のある方
    ・授乳中の方
    ・小児や高齢者の方

  • 併用禁忌

    アスプリトとの併用を禁止されている薬剤として、アドレナリンが報告されております。

    併用注意

    ・中枢神経抑制剤
    ・降圧剤
    ・抗コリン作用を有する薬剤
    ・ドパミン作動薬
    ・アルコール
    ・CYP2D6阻害作用を有する薬剤
    ・CYP3A4阻害作用を有する薬剤
    ・肝代謝酵素(特にCYP3A4)誘導作用を有する薬剤
    上記以外にも他の医薬品を服用しているまたは、治療中の症状がある場合は、かかりつけ医師にご相談の上服用して下さい。

    参考サイトについて

    薬のデリバリーでは公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。
    Wikipedia:アリピプラゾール
  • 保管方法

    ・高温、多湿、直射日光の当たる場所を避けて保管して下さい。
    ・小さいお子様やペット等の届かない安全な場所で保管をして下さい。
    ・記載の利用期限を過ぎた場合は使用を避けて下さい。
    ・分割した際は外気に触れないように保管し、早めに服用するようにして下さい。
  • 有効成分

    アリピプラゾール

内容量

100錠

アスプリト購入者の口コミ・レビュー

  • ★★★★★
    匿名さん(21歳)男性
    飲み続けて緊張感や不安感が出ることがほとんどなくなった。飲み始めた頃は眩暈や立ちくらみがあったが、慣れたからなのか?大丈夫になった。とはいえ、ずっと薬にばかりには頼りたくないので、これから少しずつ量を減らしていけたらと思う。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つ為、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにの上、口コミ・レビュー投稿をして下さい。


購入する