スキゾリル(クロザリル・ジェネリック)

  • スキゾリル(クロザリル・ジェネリック)
メーカー:Intas Pharmaceuticals Ltd. 発送国:インド・シンガポール
スキゾリル(クロザリル・ジェネリック)の特徴
スキゾリルは治療抵抗性統合失調症に効果がある唯一の医薬品クロザリルのジェネリック医薬品で、ベンゾジアゼピン系の非定型抗精神病薬に分類されます。統合失調症の治療において十分に改善しなかった場合にも高い有効性を示すことから「最後の切り札」とも呼ばれています。
  • 初回購入で1000ptプレゼント

初回購入で1000ptプレゼント

販売価格

スキゾリル(クロザリル・ジェネリック)
個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入

100錠
3,800円
3,610
1錠あたり
(36円)
108pt
カゴに入れる
獲得pt:108pt

200錠
7,600円
6,860
1錠あたり
(34円)
205pt
カゴに入れる
獲得pt:205pt

300錠
11,400円
9,750
1錠あたり
(32円)
292pt
カゴに入れる
獲得pt:292pt
メーカー:Intas Pharmaceuticals Ltd. 発送国:インド・シンガポール
スキゾリル(クロザリル・ジェネリック)の特徴
スキゾリルは治療抵抗性統合失調症に効果がある唯一の医薬品クロザリルのジェネリック医薬品で、ベンゾジアゼピン系の非定型抗精神病薬に分類されます。統合失調症の治療において十分に改善しなかった場合にも高い有効性を示すことから「最後の切り札」とも呼ばれています。

商品詳細

スキゾリルは、インタスファーマ社(Intas Pharmaceuticals Ltd.)が製造・販売している、ベンゾジアゼピン系の非定型抗精神病薬です。世界で唯一、治療抵抗性統合失調症に効果があることが認められたクロザリルのジェネリック医薬品です。治療抵抗性統合失調症とは、2種類以上の抗精神病薬を服用して十分な期間治療してきたにも関わらず効果が得られなかった状態または、副作用の発現等により抗精神病薬を十分に服用できず十分な改善がしなかった状態を指します。スキゾリルは、脳内のドーパミン神経系を抑制することで、ドーパミンの機能亢進により引き起こされる陽性症状(幻覚、興奮、妄想等)を抑える働きがあります。また、セロトニン2(5-HT2)受容体を遮断することでドーパミン神経系の働きを改善させる為、陰性症状(無感情、意欲低下等)の改善にも効果があります。統合失調症の治療における「最後の切り札」とも言われており、治療抵抗性統合失調症に対して高い有効性を示す治療薬として評価を得ています。
※ 本剤の服用より命に関わる重大な副作用が発現する恐れがある為、適切な頻度での血液検査が必要です。必ず、クロザリル患者モニタリングサービス(CPMS)に登録された医療機関または、薬局において、登録医師や薬剤師の管理のもとで服用して下さい。

参考サイトについて

公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。
医療医薬品:クロザリル

使用方法

初日はスキゾリル12.5mg、2日目は25mgを1日1回服用して下さい。3日目以降は症状に応じて1日25mgずつ、原則3週間かけて1日200mgまで増量します。1日量が50mgを超える場合は1日2回または、3回に分けて服用して下さい。維持量は1日200mgから400mgを2回または、3回に分けて服用し、症状に応じて適宜増減します。増量する場合は4日以上の間隔を空けて行い、増量幅は1日100mgまでとします。最高服用量は1日600mgまでです。本剤は1錠100mgなので分割する際はピルカッターの使用をオススメします。

効果・副作用

スキゾリルは、脳内のドーパミン受容体に作用してバランスを整えることで、緊張感、興奮、イライラ、意欲の低下等の症状を緩和させる効果があります。

主な副作用として、傾眠、めまい、白血球増加、口渇、体重増加、頭痛、頻脈、振戦、アカシジア、流涎過多、便秘、悪心、嘔吐、疲労、倦怠感等が報告されております。重大な症状として、白血球減少症、心筋炎、心筋症、心膜炎、心嚢液貯留、胸膜炎、高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、 糖尿病性昏睡、悪性症候群、てんかん発作、痙攣、ミオクローヌス発作、起立性低血圧、失神、循環虚脱、肺塞栓症、深部静脈血栓症、劇症肝炎、肝炎、胆汁うっ滞性黄疸、腸閉塞やそれに伴う麻痺性イレウス、腸潰瘍、腸管穿孔等が報告されております。身体に異変が現れた際は直ちに服用を中止して、迅速に医療機関を受診して下さい。
  • 使用上の注意点

    以下に該当する方は、スキゾリルを服用できません。
    ・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
    ・CPMSの規定を遵守できない方
    ・CPMSで定められた血液検査の中止基準により、本剤の服用を中止したことのある方
    ・CPMSへの患者登録前(4週間以内)の血液検査で、白血球数が4000/mm3未満または、好中球数が2000/mm3未満の方
    ・無顆粒球症または、重度の好中球減少症の既往歴のある方
    ・骨髄機能障害のある方や骨髄抑制を起こす可能性のある医薬品等を投与中の方または、放射線療法や化学療法等の骨髄抑制を起こす可能性のある治療を行っている方
    ・持効性抗精神病剤を投与中の方
    ・重度の痙攣性疾患または、治療により十分な管理がされていないてんかんの方
    ・アルコールまたは、薬物による急性中毒、昏睡状態の方
    ・循環虚脱状態の方または、中枢神経抑制状態の方
    ・重度の心疾患や腎機能障害、肝機能障害のある方
    ・麻痺性イレウスの方
    ・アドレナリン作動薬を投与中の方

    また、以下に該当する方も注意が必要です。服用前に必ずかかりつけの医師、薬剤師にご相談下さい。
    ・糖尿病または、糖尿病の既往歴のある方
    ・糖尿病の家族歴、高血糖、肥満等の糖尿病の危険因子を有する方
    ・軽度から中等度の好中球減少症の既往歴のある方
    ・てんかん等の痙攣性疾患または、これらの既往歴のある方
    ・心疾患、血管疾患、低血圧または、それらの疑いのある方
    ・QT延長の家族歴のある方
    ・前立腺肥大または、閉塞隅角緑内障のある方
    ・アルコール、薬物の依存や乱用または、その既往歴のある方
    ・不動状態、長期臥床、肥満、脱水状態等の危険因子を有する方
    ・軽度から中等度の腎機能障害や肝機能障害のある方
    ・妊娠中または、妊娠している可能性のある方
    ・授乳中の方
    ・小児
    ・高齢者

    服用初期に副作用の発現が多く報告されている為、用量を増やす際は十分な注意が必要です。2日以上休薬した後に治療を再開する場合は、服用開始時と同様に低用量から再開し、増量して下さい。急に服用を中止した場合、不安、焦燥、興奮、めまい、下痢、頭痛等の離脱症状が現れる恐れがございます。服用を中止する際は、2週間以上かけて用量を増やすことが望ましいです。他の抗精神病薬を服用している場合は、原則として他の抗精神病薬を漸減し、服用を中止した後に本剤を服用して下さい。他の抗精神病薬を漸減中に本剤を服用する場合は、4週間以内に他の抗精神病薬の服用を中止して下さい。服用中に発熱、咽頭痛等、感染症の感冒様症状が現れた場合は、速やかにかかりつけ医師の診断を受けて下さい。服用中は眠気、めまい、集中力の低下等が引き起こされる恐れがある為、高所作業、自動車の運転等の危険を伴う機械の操作はお控え下さい。
  • 併用禁忌

    以下の医薬品は、スキゾリルとの併用を禁じられております。
    ・骨髄抑制を起こす可能性のある医薬品
    ・放射線療法
    ・化学療法
    ・持効性抗精神病剤
    ・アドレナリン作動薬

    併用注意薬

    以下の医薬品も本剤との併用に注意が必要です。必ずクロザリル患者モニタリングサービス(CPMS)に登録された医療機関または、薬局において、登録医師や薬剤師の管理のもとで服用して下さい。
    ・アルコール
    ・MAO阻害剤
    ・中枢神経抑制剤
    ・ベンゾジアゼピン系の医薬品
    ・抗コリン作用を有する医薬品
    ・降圧剤
    ・呼吸抑制作用を有する医薬品
    ・リチウム製剤
    ・バルプロ酸
    ・CYP1A2やCYP3A4を誘導・阻害する医薬品
    ・カフェイン
    ・セルトラリン
    ・パロキセチン
    ・QTを延長させるまたは、電解質異常を引き起こすことが知られている医薬品
    ※本剤は原則として単剤で使用し、他の抗精神病薬とは併用しないで下さい。

    参考サイトについて

    薬のデリバリーでは公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。
    Wikipedia:クロザピン
  • 保管方法

    ・高温、多湿、直射日光の当たる場所を避けて保管して下さい。
    ・小さいお子様やペット等の届かない安全な場所で保管をして下さい。
    ・記載の利用期限を過ぎた場合は使用を避けて下さい。
    ・分割した際は外気に触れないように保管し、早めに服用するようにして下さい。
  • 有効成分

    クロザピン

内容量

100錠

スキゾリル(クロザリル・ジェネリック)購入者の口コミ・レビュー

  • ★★★★★
    匿名さん(32歳)男性
    陽性症状が出てしまうと仕事も日常生活ですらままならない日々が続いていました。何度か入退院を繰り返したし、もう二度と普通の生活なんてできないと思ってたけど、嫌な声も聴こえなくなり、穏やかに過ごせるようになりました。夜もまとまって寝れるようになりました。精神病薬は副作用が出やすいと思いますが、副作用よりも精神的な症状の方がしんどかったので服用できる薬があって良かったです。薬=悪みたいなことも言われますが、依存しないように、かかりつけ医とも相談しつつ上手く付き合っていけたらいいなと思います。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つ為、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにの上、口コミ・レビュー投稿をして下さい。


購入する