処方せん不要について

薬のデリバリーでは処方せんが無い場合でもご注文いただく事ができます。

処方せんが不要な理由

日本では、処方せん薬を処方せん無しで販売する事できません。
ですが、海外医薬品の個人輸入については処方せん不要で取り寄せが可能です。

処方せんが必要な理由とは、医師や薬剤師などの専門家が正しい知識に基き、取扱いの注意を受け使用ができるように取り決められているからです。
専門家でない方やお店などからのすすめでは、健康被害問題があった際には誰も責任をとる事ができません。
個人輸入の場合は全て自身の責任となります。
当サイトのような個人輸入代行を使い取引をする場合も、同じくご自身の責任の為、処方せんは必要がありません。
その為、必ずご自身で注文する医薬品の知識を持ち、自己責任の上の利用という部分をご了承下さい。
ご不安な場合は、既に処方をされた事がある成分の医薬品を注文する事を推奨いたします。

個人輸入代行業者について

個人輸入代行業者を使う場合、前述の通り個人が販売業者と直接取引をする事になり、医師や薬剤師を介さない取引となりますので、全て自己責任となります。
当サイトも個人輸入代行となりますので、サイトで医薬品販売をしているわけではなく、お客様の個人輸入の代行業務を行います。
当サイトを含む個人輸入代行業者は、直接の販売ではなく個人輸入を代行する業態です。
日本の薬機法では医薬品の在庫を持ち、販売をするサービスは違法と定めています。
よって個人輸入代行業者で医薬品の在庫を持ち、自社から発送を行う事は一切行いません。

薬を選ぶときの注意点

処方せん不要について当サイトでは確実なお届け、メーカー正規品、プライバシーの保護を保証しています。
医薬品を探す際にしっかりと注意いただく事を推奨いたします。
インターネットでは様々なサイトがあるので、相場よりも値段が安いから安易に購入をすると、偽物を買ってしまったり成分の不明瞭な医薬品を買ってしまうなどのトラブルに巻き込まれる可能性があります。
成分表記などはしっかりとされているか?
値段が異様に安い、もしくは高くないか?
など信頼できるサイトなのかを確認して、しっかりと正規品を取り扱っている個人輸入代行サイトで探しましょう。
正規の医薬品を探し、用法・用量を守り(個人輸入で認められている量「厚生労働省」)健全に医薬品を利用するようにしましょう。
服用の際に用法・用量を守らない場合は健康を害する事もあります。
お薬はご自身を健康にする為の物です。
自己責任とはいえ、量を多く摂るなど無理をした使い方は避けましょう。

当サイトにおいて個人輸入代行として購入いただける製品・医薬品は全てメーカーの正規品のみです。
日本国内にて違法性がある医薬品などは一切取り扱い致しません。
また、法の改定で取り扱いできなくなった際などは速やかにガイドラインに沿い、取り扱いの中止などの対応をさせていただきます。
当サイトは個人輸入、個人輸入代行で薬機法に基づいて認められた製品のみを取り扱っていますので安心してサービスをご利用下さい。