トピックス

  • 「ワクチン、3回目接種実施へ」について
    厚生労働省の専門部会は17日、新型コロナウイルスワクチンを2回接種を終えた人に追加投与する「3回目接種」の実施について「必要がある」と判断したとの発表があったようです。

    2回目接種の完了8カ月後からのようで、海外の動向を踏まえ、優先順位や使用するワクチン、実施方法などを検討するとの事。

    新しい変異株の登場等で、ワクチン接種後でも収束が見えないという現状なのでしょうか?

    引き続きの感染防止を続けて、寒くなるこれからの季節はお身体に気を付けてお過ごし下さい。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「経口デキサメタゾン不足で4学会が合同声明」について
    デキサメタゾンは中等症Ⅱ以上の新型コロナウイルス感染症の治療に使用されており、コロナ流行拡大に伴い世界的に需要が高まっているようです。

    元々は、がん薬物療法時の悪心・嘔吐に対する制吐目的等でも幅広く使用されていることから、供給不足が生じているとの発表がありました。

    8月27日に厚生労働省が「デキサメタゾン製剤の安定供給について」を発出して過度な買い込み防止や適正使用などの協力を求めているようで、しばらくは供給不足になってしまうのではないでしょうか?


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「調剤薬局の倒産が過去最多」について
    コロナ禍で受診控えが進み、「調剤薬局」の倒産は8月まででこれまで年間最多だった件数を超えてしまったようです。

    マスクや手洗いなどで疾患が減ったこと、大手チェーンの調剤薬局や、調剤併設のドラッグストアの出店の加速などで競争の激しさが増していった結果のようです。

    疾患が減ってという理由に関してはポジティブな見方もできますが、今後利用者にとって不便になったりして行くのではという不安も感じるニュースだと感じますね。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「コロナ重症化防ぐ「抗体カクテル療法」に手応え、重篤な副作用なし」について
    新型コロナウイルス患者の重症化を防ぐ効果が期待される新しい治療法「抗体カクテル療法」が、徳島県内の医療機関で8月上旬から活用されていて、県内で30人以上が治療を受けていずれも重症化をしていないとのニュースをみました。

    まだ少ない人数とはいえ、今後もより効果が明確になれば供給スピードがあがり
    新しい治療薬として期待できそうですね。

    現段階では、海外製となり世界中から需要がある為、日本への供給量は限られているようです。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「ワクチンのブースター接種はいつ、誰に、どの種類ですべき? 」について
    ワクチン接種も進み、二回目の摂取も終わったという方も増えてきているのではないでしょうか?

    そうなってきますと、「3回目のブースター摂取」の状況や、必要性が気になるタイミングですね。

    2021年7月初めの時点で、米疾病対策センター(CDC)、食品医薬品局(FDA)、CDCの予防接種諮問委員会(ACIP)を含む米政府当局ではブースターを現段階では推奨していないようです。

    ワクチンによる免疫は永遠には続かないかもしれないが、ブースターがいつ必要になるかははっきりしないとの理由があがるようです。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「コロナ重症者向け治療薬 需要400%増」について
    米国で、重症患者の治療に使用されるリウマチ治療薬「トシリズマブ」が大幅に不足しているようです。

    ウイルスそのものを標的とするのではなく、免疫の過剰な働きによる炎症反応を抑える目的で使用されているようでWHOは重症患者の死亡リスクを低減させるとして、投与を推奨すると表明しているようです。

    ただし、これまでに実施された臨床試験には結果にばらつきがあるようで、使用を正式に承認した国はないようです。

    日本でも重症患者がより増えてきた場合は、注目の医薬品となるのでしょうか?

    尚、8/19現時点では当サイトでは取り扱いの無い医薬品でございます。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「医療用の薬、幅広く品薄に」について
    国内では処方せんが必要な様々な薬が、ジェネリック医薬品メーカーの不祥事が続き、生産が滞っている為、全体的に品薄の状態のようです。

    都内の薬局を対象に6月に実施した調査では、「納品が滞り調剤業務に影響が出る場合がある」との回答が65%にもなったようです。

    流通の回復が先になればいいですが、このまま悪化してしまうと考えると不安が広がります。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「バイエル 最大20億ドルで米バイオ企業買収」について
    ドイツの大手製薬会社バイエルは5日、製薬事業の強化に向け、バイオ薬企業ビビディオン・セラピューティクスを最大20億ドルで買収すると発表したようです。

    バイエル社CEOは「ビビディオンの特殊な技術や専門知識が医薬品開発能力を大いに高める」と述べたようです。

    既に大手のバイエルですが、さらに医薬品開発に力をいれるという事で、これからも待望の新薬が開発される事を期待してしまいますね。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「なぜ接種2回目は副反応が大きい? 」について
    現在、2回接種のファイザー製とモデルナ製のワクチンが流通しています。

    なんとなく2回目の接種後の方が副反応が多いという情報を知っている方も多いと思いますが、どういう理由なのかはあまり知らないという方も多いのではないでしょうか?

    まず1回目はだいたい7割前後の免疫が付くと言われています。

    その後2回目のワクチン接種で94~95%まで効果が上がり、長く持つようになと呼ばれています。

    この効果をあげて、長く持たせる為に副反応も強くでるという事のようです。

    こういった理由をあらかじめ知っておく事でこれからワクチン接種する方の心構えになればと思います。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「ファイザー、ワクチン売上高3.6兆円」について
    ファイザーは28日、ビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンの2021年12月期通期の売上高が、335億ドル(約3兆6850億円)になるとの見通しが発表されました。

    感染力の強いデルタ型の拡大もあり、追加接種での予防効果需要が増えた為、5月時点の予想(260億ドル)から上方修正されたのでしょうか?

    新型コロナウイルスの影響が落ち着く事はもちろん、製薬会社の売上が新たな医薬品や、潤沢なワクチン供給等に活かされていく事が望ましいですね。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「ビオンテック、マラリアワクチン開発にmRNA技術を利用」について
    新型コロナウイルスのワクチンをファイザーと共同開発したビオンテックは26日、マラリア予防のワクチンを開発すると発表がありました。

    2022年末までに臨床試験(治験)を開始し、新型コロナワクチンで有効だった「mRNA」技術を用いた初のマラリアワクチンを目指すようです。

    これからも新しい技術としてmRNAワクチンが拡がっていきそうですね。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「ワクチン証明、受け付け開始」について
    海外へ行く際に新型コロナウイルスワクチンの接種を証明する「ワクチンパスポート」が全国で26日から申請受け付けが始まったとの事でした。

    即日に発行がされるようで、海外に会いたい人がいる場合等、待っていたという声もあるようでした。

    もしこの情報が必要な方が周りにいるようでしたら、伝えてあげると喜ばれるのではないでしょうか?


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「モデルナ製5000万回分追加 22年初め」について
    厚生労働省は20日、早ければ2022年初めにもモデルナから新型コロナウイルスワクチン5000万回分の追加供給を受ける契約を結んだとの発表がありました。

    追加接種用や開発中の変異ウイルスに対応したワクチンが承認されれば、そちらの供給も可能との事です。

    ワクチン確保は安心感が増しますが、追加接種が必要な状況や、さらなる変異ウイルス等の懸念もあると考えると、安心しきれない状況が続きます。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「抗体カクテル療法に厚労省が特例承認」について
    中外製薬は19日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として「抗体カクテル療法」を厚生労働省から軽度から中等度の治療薬として特例承認を取得したと発表がありました。

    抗体カクテル療法は、2種類のウイルス中和抗体を組み合わせるもので、昨年12月、提携先のロシュから日本での開発権と独占的販売権を取得していたようです。

    供給面ではまだまだ追いついていないようで、入院患者のみでの使用となっているようですが、新しい治療薬が増えたというニュースは嬉しい内容です。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「ファイザー製ワクチン 正式承認へ優先審査」について
    ファイザーとビオンテックは16日、新型コロナウイルスワクチンについて、FDAから正式承認に向けた優先審査の対象に指定されたと発表がありました。

    両社は5月に承認申請を行っており、2022年1月にも正式な承認を見込むようです。

    正式承認となれば、いままでよりもワクチンに対して不安を持っている方への安心感が多少なりとも高まり、摂取が広まっていくという期待が持てるというとこでしょうか。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「ジェネリック工場を一斉検査」について
    国内での小林化工や日医工のジェネリック医薬品製造時の違反の問題を受け厚生労働省では工場の無い沖縄県を除く46都道府県の製造工場に抜き打ちの検査をしたようです。

    これから検査の結果も公表されていくかと思いますが、今後のジェネリック医薬品の印象にも関わる部分だと思うので、これ以上の不正等が出てこないでほしいですね。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「米ファイザー、ワクチン3回目接種巡りFDAと会合へ」について
    新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種の必要性について協議するため、早ければ7月12日に米食品医薬品局(FDA)等の保健当局と会合を開くようです。

    二回目の接種後にも感染の事例がある事から必要になる可能性は排除しないが正式なデータがさらに必要という見解のようです。

    もちろん3回目が効果的であるのであれば医療従事者等の方をはじめ、重要となってきますが、まだ1回目、2回目の接種も全体的に終わっていない現状では優先順位の問題も絡み、難しい判断になりそうですね。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「デルタ型に効果、ワクチン2回接種が必要」について
    フランスの研究によると、変異ウイルスのデルタ型に対して新型コロナウイルスワクチンが効果を発揮するためには2回のワクチン接種が必要であるとのことでした。

    デルタ株も急増していますので、既に1回目のワクチンを受け終わっているとしても引き続き警戒すべき状態という事で油断をしないようにしましょう。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「コロナに有効性確認できず、治療薬開発を中止」について
    大手のジェネリック医薬品メーカー「日医工」は5日、新型コロナウイルス感染症の治療効果が見込まれていた「カモスタットメシル酸塩」について、臨床試験の結果、有効性が確認できなかったと発表がありました。

    治験結果では改善効果が見られなかったことから、新型コロナ治療薬としての開発中止を決めたようです。

    残念な結果ではありますが、こちらの件同様、結果を踏まえて早く対応をすることも大切な事だと思いました。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。
  • 「勃起不全が骨粗鬆症リスクに?」について
    ED(勃起不全)と骨粗鬆症には共通する危険因子があり、ED患者は骨粗鬆症のリスクが高いとの報告があるようです。

    EDの男性は性機能が正常な男性に比べ骨密度が低く、骨粗鬆症リスクが高いことが報告されているようです。

    まだ明確な関連性に関しては議論の余地があるそうですが、リスクがあがる傾向はデータとしてでているようなので、知識として覚えておきたいですね。


    薬のデリバリー 麻生 

    ※当ページは気になる医薬品関連等のニュースをお伝えするページです。


PAGE UP